お肌トラブル

どうしてシミができる!?シミができてしまう原因とは

投稿日:

シミを消すには、ビタミンCやレチノールが配合された基礎化粧品の使用も効果的ですが、外からの働きかけには限界があります。

 

なぜならば、本来、皮膚は外部からの刺激や異物を食い止める役割を担っているため、そのままでは有効成分を吸収することができないからです。

 

肌内部に成分を届けるには、界面活性剤などの力を借りて一時的にバリア機能を緩くしなければならず、これを繰り返すと、肌にとって少なくない負担になってしまいます。

 

美しい肌を求めるあまり、過剰なスキンケアで皮膚そのものの機能を損なってしまっては、後天的なアトピーやアレルギーを引き起こす可能性もあります。

 

シミができる原因はさまざまです。

 

これには、様々な複合的な問題が考えられます。

 

生まれ持ったメラニンの量に左右されるという説もありますし、東洋医学の観点から見ると遺伝や個人の体質が影響するといいます。

 

さらに、年齢を重ねると共に、子供の頃から蓄積されたダメージが表面化してくるため、一概にこれと特定できるものでもないのです。

 

たしかに、シミの原因には加齢や体質によるところもありますが、急に気になり始めたのなら注意が必要です。

 

もしかすると、消化器官の働きが弱まっているサインかもしれません。

 

シミを作る原因となり得るものには、大きく分けて2種類あります。

 

乾燥・摩擦・紫外線といった外部からの刺激を「外的要因」とすることに対して、胃腸の乱れなど身体の内面から生じるものを「内的要因」と呼びます。

 

皮膚が内臓の状態と深い関わりを持つことはよく知られていますが、シミに悩む人の多くは、慢性的な腸内の不調を抱えているケースがしばしば見られるのです。

 

ですから、シミを消したいと思ったら、まずは腸内環境を整えていくことを考えなければなりません。

 

誰にでも気軽に始められるものとしては、毎日の食生活に乳酸菌を取り入れてみるといいでしょう。

 

ヨーグルトや乳酸菌飲料の摂取なら、思い立ったその日からすぐに実践できますし、最近では、効果効能が認められたサプリメントも充実しています。

 

乳酸菌は体内に入ると腸内の善玉菌の働きを助け、悪玉菌の増殖を抑えて弱酸性の理想的な環境へと導いてくれます。

 

善玉菌には肌に悪影響を及ぼす活性酸素を除去する力もありますので、胃腸の働きが鈍っていたために滞りがちだったターンオーバーを促し、健康的な皮膚を作り出すよう働きかけます。

 

こうして腸内の良い循環が出来上がると、悩みのシミも少しずつ改善される可能性があります。ただ、乳酸菌は体外に排出されるまでの時間が短いため、腸内に貯蓄することができません。

 

参照サイト:ホスピピュア最安値

-お肌トラブル
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

関連記事はありませんでした